日常の風景に効いたスパイス

2018

2018

雨上がりの午後に見せる素顔

2018

2018年ガウディ命日の朝、
また新しい1日が始まる。

2018

1900年に完成したCasa çalvet (カサ・カルベ)
貴婦人のような佇まいは色褪せない。

2018

心地よい風が吹く
ガウディアベニューの朝

2018

2018

ホスティーノの自宅のテラスからの光景、
どんな想いで眺めているのだろう

2018

創業1957年のardevolのご主人ルイスは無駄な動きが1つもない

2018

2018

とある街角に流れるメロディ 後ろに見えるのはカタルーニャ音楽堂

2018

顔なじみとの昼下がり

2018

とある日の出来事

2018

カサフステルの裏路地で

2018

街角ではジャカランダという樹木が花を咲かせる。

2018

思いがけない所から見えるサグラダファミリア

2017

バルセロネータのビーチでは
泳ぐだけではないご様子。

2017

とある昼下がり、気持ちの良い時間が過ぎて行く。

2017

レイアール広場での素敵なひと時

2017

おじいちゃん達にただ一人交わってトランプをするお洒落なご婦人。

2017

ちょっと長い昼休みにトランプをする為に集まる人達。

2017

陽が降り注ぐと言う言葉がぴったりなガウディアヴェニュー。

2017

エンカンツ蚤の市の朝、
ガラクタの山からお宝が輝き出す。

2017

静かな早朝のガウディアヴェニュー

2017

夜になるとサグラダファミリアから様々な物が混じり合った音が聞こえて来る、
まるで呼吸をしている様に。

2017

1892年に着工し、今も建設が続くサグラダファミリア。
静かな朝に見せる表情はとても優しい。

2017

2017

ギターの音色に導かれてたどり着いた
グエル公園の片隅。

2016

早朝のグエル公園で修繕の大工さんとすれ違う。

2016

サグラダファミリアに隣接した公園にはドッグランもあり、
のびのびと走り回る犬は見ていて飽きない。

2016

バルセロナの中心部にあるグエル邸の門扉、
全景を捉えることが難しいほどの1886年完成の豪邸。

2016

こんな夫婦もいいなと思うバルセロナ、
日本だと照れくさいと思うバルセロナ。

2016

夜9時頃、サマータイムのバルセロナは日本よりゆっくり暮れて行く気がする。
この時間帯が昼間とは違う雰囲気で私は好きである。

2016

サグラダファミリアから北に伸びるガウディアベニューの
オープンカフェ、気取ってないのに素敵である。

2016

幾人の人々が交差するサグラダファミリアの壁の
前で起きた一瞬の出会い。

2016

昔は馬車が行き交った道路も、今は自動車や
レンタサイクルが行き交う。その変化を見届けて来た
サグラダファミリア大聖堂。

2016

モスクワから来た画家のMoskvitinさん
サグラダファミリアの描いているところ。

2016

2016

2016

2016