Imada Photo Service

Sento

TOKYO SENTO PHOTOGRAPH

銭湯写真のはじまり

銭湯というテーマをなぜ撮影してるのか?という質問をよく受けます。
私が銭湯の撮影を始めたのは2006年。当時の私は建築を専門的に撮るカメラマンを始めてまだ駆け出し。建物を撮影する練習として、通っていた銭湯を撮らせてもらったのが始まりです。

ちょうどその頃、杉並区の銭湯組合が80周年であり、この活動を話したところ、快く銭湯の撮影を許可してくださいました。組合の許可が下りたことで、同区内の銭湯はほとんど撮影することができました。撮影を重ねていくうちに、銭湯という被写体に興味を持つようになり、都内の銭湯を撮影するようになりました。

カメラの持つ力

これまで撮影した銭湯は、約180軒。数字にしてしまうと味気ないのですが、組合のバックアップがなくなった状態での撮影は、この活動をドラマチックにしてくれました。なにせ見たことも聞いたこともない男が、銭湯を撮影したいというのですから、ご主人にしてみると「なぜ自分の城を撮らせなければいけないのか?」と思うのは当然です。カメラの持つ暴力性という一面を知りました。しかし、そんな中でもわずかな銭湯は撮影を許可してくれ、時には取り壊す前の銭湯を撮影をさせてもらうこともありました。ある時、仕上がった写真を見せにいくと、おかみさんが「いい記念になりました。」と喜んでくれました。それ以降、私は撮影した写真を必ず、ご主人やおかみさんに渡すようにしています。

営みを撮るということ

撮影を始めた当初、可能な限り「キレイ」に見えるよう撮影していましたが、最近は銭湯のいつもの姿を撮影したいと思うようになりました。人が集い、風呂に入り、また家に帰る。それだけのことですが、この東京で「家に風呂がある」という家庭が一般的になってきた今も、銭湯が残り、その営みが続いているということが表す魅力を写したいという思いが湧いてきたからです。

写真を見て、銭湯に来る人がいる。写真が、廃業してしまった銭湯を思い出すきっかけになる。日本の生活の一部を知る手だてになる。どんな役割でもいい、写真が果たす役割の一端をこの活動で担えたら...そんな風に思うのです。

※撮影当初1000軒営業していた銭湯のうち、東京都内営業している銭湯は約645軒。(2015年現在)